目の疲れにも効果的♪ピンホール眼鏡

パソコンやスマホをやる時の注意(2)

パソコンやスマホで作業をする時は、つい前のめりになって
画面を見つめてしまいますよね?

でもそれではますます疲れてしまいます。

そんな時は目の緊張を緩和するために、こんな意識で目を使うと良いのです。

それは「情報を受け取る感じ」で画面を見るということ。

自分から見に行くのではなく、文字や画像が目の方に入ってくるような意識で見るのです。
すると少し緊張が和らぐのが感じられるのではないでしょうか。

思い出した時にぜひお試しください☆



posted by mari at 20:13 | Comment(0) | 疲れ目解消法

パソコンやスマホをやる時の注意(1)

パソコンやスマホで作業をしていると、どうしても目が疲れてしまいますよね。

それは画面を「凝視」してしまって、目に力が入ってしまうからなんです。

そんな時は画面の外を意識してみましょう。

凝視している時は画面の中のごく狭い部分だけ見ています。
少し離れて画面全体を見たり、その脇においてあるものを見たりするだけでも
目の疲れ方はぐっと違ってきます。

パソコン横に観葉植物などを置いて見ると、グリーンはリラックス効果がありますから
さらに効果がアップするかも♪

「あ、今画面を凝視してた!」と気づいたら、画面の外のものを見てくださいね☆


posted by mari at 21:40 | Comment(0) | 疲れ目解消法

ウインクをすると視力が回復するらしい

目のピントを合わすための筋肉が柔軟性を失うと、視力が落ちてしまいます。
凝り固まったその筋肉を動かしてあげると、視力がアップする可能性があります。

やりかたは簡単♪

・メガネ、コンタクトは外す
・視力表を用意する
・明るい部屋で視力表から3メートル離れて立つ
・右目を隠す(目をつぶってもよい)
・はっきり見えるマークのうち、できるだけ小さいものを見る
・そのまま20秒数える
・同じように左目を隠して同じように繰り返す

以上を1セットとしてもう一回繰り返す。

・両目を開けて休んでから、さらに2セット繰り返す。

以上のことを朝晩行います。

視力が悪くてマークが見えない時は、見えるところまで近づいて行います。

1ヶ月ほど続けると、効果が実感できるそうですよ☆


posted by mari at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲れ目解消法

目に必要不可欠なミネラル

目を健康な状態に保つために必要な栄養素は、ビタミンの他にもいろいろあります。
その中でも重要なのは「ミネラル」

「ミネラル・・・・?」

ピンと来ないかもしれませんね。
でも、よく聞く名前ばかりなんですよ。


まず「カルシウム」

眼球を包んでいる「角膜」や「強膜」の働きを助けます。
不足すると「屈折異常」や「眼精疲労」の原因になります。
<多く含む食品>
 牛乳・チーズ・ヨーグルト・大豆・豆腐・納豆
 小松菜・小魚・わかめ・ひじきなど


次に「マグネシウム」

ストレスが眼精疲労を招く場合がよくあります。
そのストレスをやわらげてくれるのが、この「マグネシウム」
目にとても大事なビタミンB1の吸収を助けます。
不足するとイライラして「疲れ目」になったり、
まぶたがピクピクけいれんしたりします。
<多く含む食品>
 こんぶ・わかめ・ひじき・玄米・納豆・ほうれん草
 アーモンド・ピーナッツ・大豆など

そして「亜鉛」

角膜・強膜・網膜など、目の重要な組織は実は「コラーゲン」でできています。
「亜鉛」はビタミンCとともに、この「コラーゲン」を合成します。
不足するとドライアイや「目の異常」を招きます。
<多く含む食品>
 牡蠣(かき)・うなぎ・いわし・さんま・牛肉
 大豆・こんぶ・海苔・パセリなど


「カリウム」

普段の私たちの食生活は、油断していると「塩分」を摂りがち。
ポテトチップなんかよく食べませんか?
塩分を取りすぎると「高血圧」を招きます。
塩分を排出して「高血圧」を予防してくれるのが「カリウム」です。
直接的に目に強く働きかけるわけではありませんが、
生活習慣病を予防することによって、目の健康を維持します。
不足すると「眼精疲労」や「ドライアイ」になりやすくなります。
<多く含む食品>
 バナナ・干し柿・さつまいも・山芋・ほうれん草
 カツオ・ひじき・とうもろこしなど



コンビニの弁当には少ない食材が多いですね。
デザートにはアイスやケーキよりもバナナやヨーグルト。
ほうれん草やひじき、納豆や大豆ってことは、
「洋食」よりも「和食」がいいのかも?

1人暮らししてて、朝はパンにコーヒー、昼はインスタントラーメン、夜はコンビニ弁当なんて食べてると、「ミネラル」摂取量「ゼロ」に近いです。


ぜひ食生活を見直してくださいね☆



目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ



posted by mari at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(2) | 疲れ目解消法

ビタミンBが不足すると、目が悪くなる!?

ビタミンBはB1・B2・B6・B12といろいろあります。
合わせて「ビタミンB群」とも呼ばれていますが、体にとって大切な働きをします。

細胞の成長を高めて老化を防ぐこと。

神経や筋肉の働きを活性化させること。

目・皮膚・つめ・髪を作ること。

精神を安定させ、ストレスを予防すること。


中でも、目にとって重要なのはビタミンB1
ビタミンB12
の2つ。


B1が不足すると起こりやすい病気に「脚気(かっけ)」というのがありますが、目にあらわれると「脚気弱視」ともよばれる「軸性神経炎」の心配があります。

B12が不足すると、皮膚や粘膜がただれたり炎症を起こすことがあります。
目にあらわれた場合は角膜や結膜に異常が発生しやすくなります。


ビタミンB1・B12を多く含む食品は・・・

豚肉・うなぎの蒲焼・カツオのなまり節・玄米・そらまめ・パイナップル・レバー・タマゴ・牡蠣・牛乳・サバ・イワシなど。


ビタミンB1・B12は、残念なことに水に溶けやすいのです。
だから、せっかく摂っても「汗」や「尿」といっしょに排出されやすいのです。

また、蓄えがきかないので「毎日コンスタントに」摂らなくては効果がありません。


食事に好き嫌いが多くて、体がだるくてやる気が起きない方は、あきらかにビタミンB1
不足。

「疲れ目」の予防のためにも、ぜひ毎日ビタミンB
をしっかり摂りましょう!








ネイチャーメイド ビタミンB コンプレックス 60粒





目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ



posted by mari at 15:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 疲れ目解消法

ビタミンAが不足するとドライアイに!?

昔、家庭科の授業で習いましたよね。
「ビタミンAが不足すると、とり目になる」って・・・

「とり目」というのは「夜盲症」のことで、暗いところが見えなくなる病気です。

ビタミンAは特に「目」にとって重要な栄養素で、
「角膜や網膜の細胞、粘膜などを正常な状態に保ち、涙の量を一定に保つ」という働きがあります。

ですから、ビタミンAが不足すると「ドライアイ」になりやすいのです。

逆に「ドライアイ」の人はビタミンAを多く摂るようにしましょう。


こんな食品に多く含まれています。

うなぎ・レバー・牛乳・卵・チーズ・ほうれんそう・かぼちゃ・春菊・小松菜など。

サプリメントで補うのも有効です。
でも、妊娠中の方は奇形児のリスクが高まりますので、過剰に摂るのはやめましょうね。

目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ



posted by mari at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲れ目解消法

3Dアートで目筋を刺激

「3Dアート」って知ってますか?

きれいな模様を寄り目にしたり、焦点を遠くにしたりしながら見ると、模様の中から、今まで見えてなかったものが立体的に浮き出てくるものです。

初めて見るのに成功したとき、いやぁ〜、びっくりしましたよ!

「模様の中から、なぜ『カバ』が?!」

模様を見つめるんじゃないんですね。
模様を突き抜けて、向こう側に焦点を合わすような感じ。

目を寄り目にして、手前で焦点を合わせてみる方法もあるんですが、私はまだこっちは出来ないんです。


これで「目がよくなった」という人もいるようですが、楽しんで「目の体操」をするという点では、試してみる価値ありです。


もっと毎日!どんどん目が良くなるマジカル・アイ

目も脳もどんどん良くなるミラクル・アイ3D


一生懸命見てるとかえって目が疲れそうな気もするんですが、目の中のレンズの厚さを調節する筋肉のトレーニングになるんだそうです。

見るのに成功すると「ほぉーーー!」という世界です。(フォ〜!ではなく)

あなたは何分で見れるようになるかな?
何時間?それとも何日?


私は3日くらいかかったかなぁ・・・



目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ



posted by mari at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲れ目解消法

疲れ目に効くマッサージ(2)

「疲れ目」解消に、お風呂上りなどのリラックスタイムにぜひやっていただきたいのがコレ!
「足裏マッサージ」です。

足の裏にはなぜか「体中のツボ」が集まっているんですね。
ですから、普段からはだしで歩いたり、ウォーキングをしたり、適度な刺激を与える生活をしていると、常に体の調子がよくなるものなんです。

でも、今の私たちの生活は、はだしになる機会もありませんし、歩く時間も少ない。
その上、足に合わない靴をはいて仕事をすることだってあります。

「疲れ目」で悩んでる方ばかりでなくても、足をいたわってあげることって大事だと思いますよ!

ベンリなサイト見つけました↓


〜足つぼ・足裏マッサージ総合サイト〜


このサイトにある「目」「首」「肩」のツボの部分をよくもみほぐしてあげると効果が大☆

余裕があったら、足の手入れを普段からしておくのもいいですね。
入浴時にカカトなどの角質を落としたり、ハンドクリームで乾燥を防いだり・・・

目の疲れだけでなく、全身の疲労回復にも期待ができますよ!


目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ



posted by mari at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | 疲れ目解消法

疲れ目に効くマッサージ(1)

いくら目が疲れても、仕事中はのんびりと目を休めていられないかもしれません。

そこで、短い時間でもけっこう効くのがマッサージ。


やり方は簡単です。

・こめかみ(眉と耳の間あたりの押すと気持ちのいい所)を押す。
・目と眉の間の骨の部分を親指で何箇所か押す。
・眉毛の上を押しながらマッサージ。
・目の下の骨の部分を指で押しながらマッサージ。



目はデリケートな部分ですから、目を強く押したりしないように気をつけてくださいね☆


目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ




posted by mari at 21:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 疲れ目解消法

「ためしてガッテン!」でも紹介された「温冷法」

「温冷法」・・・字で見ての通り「温めて」「冷やす」こと。簡単ですね!

まず40度くらいに温めたタオルを目の上に当てて3分〜5分。
その次に水でぬらして絞ったタオルを目の上に当ててまた3分〜5分。


1回でもOKですが、2,3回くりかえしてもいいそうです。

目の周りの血行が良くなって、楽になるんだと思います。


私は給湯器の熱めのお湯をタオルにかけて絞ってますが、電子レンジでぬれタオルをチンして作るというのも簡単そうです。

目に当てる前に、やけどしないように適当に冷ましてくださいね。


目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ



posted by mari at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲れ目解消法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。