目の疲れにも効果的♪ピンホール眼鏡

ドライアイの治療(2)

ドライアイになったら、まず涙を補うのが治療の第1歩ですが、次には「涙を目の表面にとどめる」ことが重要です。

涙を目の表面にとどめるためには、「蒸発を防ぐ」こと。
そのために日常生活ですぐにできるのは、「まばたきを意識的に多くする」「部屋を乾燥しすぎないようにする」ことですが、職場など自分で調節できない場合もあります。

そんな時、役に立つのはコレ!





ドライアイ用眼鏡



普段めがねをかけてる人には、簡単に取り付けられるシートもあります。





眼鏡用シート



一度お試しになってはいかがでしょう。


また、涙が排出されないようにするために、「涙点」という排水口にあたる部分をふさぐ治療法があります。

小さなシリコン製のプラグを差し込んだり、涙点を縫い合わせたりという方法です。

こうすることによって、涙が排水されなくなるので、目の表面にとどまる量が増えるようになり、ドライアイの症状が軽減されます。


症状が重い方は、一度目医者さんで相談されてはいかがでしょう?




目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ




posted by mari at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドライアイについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17348656

この記事へのトラックバック

古城ホテル
Excerpt: 古城ビジネスホテルの情報を比較
Weblog: 古城
Tracked: 2006-08-28 15:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。