目の疲れにも効果的♪ピンホール眼鏡

ドライアイの治療(1)

ドライアイの治療には「目薬」で涙を補うのが基本となります。

でも、どんな目薬でも良いというわけではありません。
できるだけ「涙の成分」に近いものを、1日に何度も点眼することになります。

よく使われるのは「人工涙液」タイプのものです。
成分がやさしいので市販のものでも大丈夫ですが、「防腐剤」が含まれているため、気になる人は眼科で求めた方が安心です。

しかし、このタイプの目薬はすぐに排出されてしまうため、効果が長く続きません。頻繁にさす必要があります。


なので、少しでも長く目の表面にとどめるために、「ヒアルロン酸ナトリウム」が含まれているものを選ぶと効果が持続します。


また、最近は自分自身の「血清」から作る目薬というのもあります。
「血清」とは血液から赤血球などを取り除いたその他の液体成分のことですが、これから出来た目薬を使うと、傷ついた角膜が回復するという効果があるとのことです。
重症のドライアイの人に使われるようです。



目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ






posted by mari at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドライアイについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17116448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。