目の疲れにも効果的♪ピンホール眼鏡

「眼疲労」と「眼精疲労」って違うんです

「眼疲労」って聞きなれない言葉ですよね。

私たちは専門家じゃないので、何でもかんでも「疲れ目」といってみたり、「眼精疲労」といってみたりしていますが、厳密にははっきりと区別されているようです。

「眼疲労」というのは「目が一時的に疲れた状態」で、休息するとまた元に戻ります。

しかし「眼精疲労」になると、休息しただけでは回復せず、目の疲れのほかにもさまざまな症状があらわれてきます。

「眼疲労」をそのまま放置して症状が進むと「眼精疲労」になってしまうんですね。
そうすると、元の状態まで戻すのに本当に時間も労力もかかってしまいます。


このサイトを見に来られた方は、「眼疲労」の段階の人もいれば、重症の「眼精疲労」の人もいることでしょう。

自分は今どういう状態なのか、まずよく理解することが大切です。




ちなみにこのサイトでは「眼疲労」も「眼精疲労」もひっくるめて「疲れ目」としています。
いや、もしかすると「疲れ目」≒「眼精疲労」に近いかも。

「眼疲労」とか「眼精疲労」とかの「固い表現」があまり好きでないので、「疲れ目」という言葉に統一してみました。


「そんなんでいいのか!」と怒られるかもしれませんが・・・

一応その辺をご了承の上、ご覧くださいませ。


目の疲れ(眼精疲労)を取るために へ











posted by mari at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲れ目について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。